« トイレットペーパーが、2~3割値上へ。 | トップページ | 秋といえば・・・。 »

2007年6月26日 (火)

希薄な44・5%!

高市少子化相は26日午前の閣議に、「つながりが築く豊かな国民生活」と題した
2007年版の国民生活白書を提出した。

 今回で50回目となる白書は、家族、地域、職場という3つの「場」での人の
「つながり」に焦点を当て、個人や社会に与える影響を分析した。長時間労働やIT
(情報技術)化などで、いずれの場でも人間関係が希薄化し、個人の精神的不安定、
家庭でのしつけ不足、地域の防犯機能や企業の人材育成能力の低下など、経済・
社会に深刻な影響を与えると警鐘を鳴らしている。

 家族に関して、小中学生の子供を持つ主婦に、平日に家族全員がそろう時間の
平均を尋ねた調査(05年)では、最も多かったのが「0~2時間台(0を除く)」の
44・5%で、次に「3~5時間台」の42・8%だった。「なし」も4・7%あった。
1985年の調査では「0~2時間台(同)」が39・4%、「3~5時間台」が54・2%、
「なし」は2・7%で、家族全員で過ごす時間の減少が浮き彫りになった。


世の中が、希薄になっている。

IT化で、合理的に物事を進め、人との関わりを面から点にした。
昔ほど、人とのかかわりが減って、個人個人での領域が侵食している。
いい面として、ウザイ相手には、関わりを減らせるいい面でもある。
悪い面では、困ったときに、ドーすることも出来ないなんて・・・。

家族、社会、会社、組織・・・どれも、なし崩し的に存在し、
都合のいいときだけ、発する言葉となった。

 うーん、組織が・・・、これは、会社として・・・

こんな会話を仕掛けていること自体、希薄さの象徴

85年から05年の20年間で、世の中のIT技術が、そーさせたんだろうか?
IT技術の功罪。いや、IT技術とうまく共存できない人種の悲劇。

これからも、この希薄さは続くんだろう。軽薄さを追求するIT業界だけに!

真情あふるる軽薄さ2001 真情あふるる軽薄さ2001

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2001/05/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« トイレットペーパーが、2~3割値上へ。 | トップページ | 秋といえば・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6150/6940413

この記事へのトラックバック一覧です: 希薄な44・5%!:

« トイレットペーパーが、2~3割値上へ。 | トップページ | 秋といえば・・・。 »